くせ毛におすすめのシャンプー

↓↓ジャンプします↓↓

「くせ毛がひどくてうまくセットできない」「年齢を重ねるにつれてくせ毛の強さが増してきた」

このようなくせ毛の悩みを抱えている人も少なくありません。

実はこのくせ毛の悩みはあなたが毎日使っているシャンプーが原因である可能性があるということをご存知でしょうか。

くせ毛対策になるシャンプーの選び方がわからないという人も多いので、当サイトでくせ毛の悩みを解消できるシャンプーの選び方とおすすめランキングを紹介していきたいと思います。

くせ毛対策シャンプーの3つの選び方!

くせ毛に悩む人は、そもそもくせ毛対策ができているシャンプーをしっかりと選べていない可能性があります。

では、くせ毛対策ができているシャンプーとはどういったものを指すのか、ということですが以下の3つのポイントを基にして選ぶことをおすすめします。

  1. 低刺激のアミノ酸系シャンプー
  2. 保湿成分がたっぷり配合されている
  3. 毛髪補修成分が含まれている

アミノ酸系シャンプーは最近増えているものの、品質が低く他の2つのポイントをしっかりと抑えられていないシャンプーが多いです。

くせ毛対策にはこの3つのポイントすべて抑えたシャンプーがおすすめなので、次にそれぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。

1.低刺激のアミノ酸系シャンプー

市販されているシャンプーというのは洗浄力の強い高級アルコール系・石けん系を洗浄成分としているため、くせ毛が直らないどころかくせ毛になりやすい状態にしてしまいます。

一方、アミノ酸系シャンプーというのは洗浄力が穏やかで低刺激なので髪に必要以上にダメージを与えることはなく、くせ毛に悩む方にはうってつけです。

アミノ酸系であるかどうかはパッケージに記載されているのでわかりやすいですが、成分表示に以下の成分が含有しているかどうかでアミノ酸系と判断することもできます。

アミノ酸系成分
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

ただし、以上の成分が含有していればアミノ酸系シャンプーと名乗ることができるマジックがあるので注意が必要です。

注意
アミノ酸系成分と一緒に高級アルコール系や石けん系の洗浄成分を混ぜているシャンプーが実際に販売されています。

その場合、せっかく低刺激のアミノ酸系を含有させているのに洗浄力・刺激が強くなってしまうのでくせ毛に悩む方はなるべく選ぶのを避けるようにしましょう。

2.保湿成分がたっぷり配合されている

髪や頭皮が様々な要因によってダメージを受けてしまうと、髪の毛にうねりが出てくせ毛になってしまいます。

髪や頭皮が受けるダメージをやわらげるために保湿成分が含まれているシャンプーを選ぶこともくせ毛対策の有効的な方法の一つです。

保湿成分
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • 加水分解シルク
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

頭皮に分泌されている皮脂というのは本来保湿の役割をもっていますが、シャンプーによって洗い流されてしまうので保湿成分がなければ乾燥しやすい状態になります。

そうするとくせ毛だけではなく頭皮のかゆみやにきび、髪のぱさつきなどにも影響してくるので保湿成分はたっぷり配合されている方がおすすめです。

3.毛髪補修成分が含まれている

髪の毛というのはすでに死んでしまった細胞で作られているので、一度傷んでしまうと二度と元にはもどりません。

傷んでいる状態は毛髪内部に隙間ができてしまっている状態なので、毛髪補修成分によって隙間を埋めてあげることでくせ毛になりにくい髪をつくってあげましょう。

毛髪補修成分一例
  • ペリセア
  • ヘマチン
  • アミノ酸群
  • 植物オイル(アルガン・ツバキ・ヒマワリetc)

毛髪補修成分の中でもペリセアは非常に優れている成分です。

どの成分を覚えておけばいいのかわからないという人はペリセアだけは覚えておくようにしましょう。

ペリセアの特徴
  1. 1分前後で毛髪内部に届く浸透力の早さ
  2. シャンプーを洗い流した後でも補修作用が持続する
  3. 成分表示欄には「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」と記載されている

くせ毛対策におすすめのシャンプーランキング!

くせ毛をどうにかして直したいという人にとっては選ぶポイントよりもてっとり早くおすすめのシャンプーが知りたいという気持ちの方が強いかと思います。

そこで、当サイトで調査したくせ毛におすすめできるシャンプーをランキングにしてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

ハーブガーデン


ポイント
  1. オーガニックアミノ酸系シャンプー
  2. ボタニカル保湿成分たっぷり
  3. 毛髪補修成分ペリセア含有
  4. 天然由来100%で肌に優しい
  5. 300mlで4,000円
CHECK
くせ毛を直すために有効的な成分を見てみるとバランスが一番整っているシャンプーがハーブガーデンだとわかります。

毛髪補修成分のペリセアや保湿成分など天然由来成分にとことんこだわったオーガニックハーブをメインとしたシャンプーです。

ハーブガーデンの評価
洗浄性
(5.0)
保湿性
(4.5)
毛髪補修
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

haru黒髪スカルプ・プロ


ポイント
  1. コスパが優れたアミノ酸系シャンプー
  2. 33種類の保湿+アンチエイジング成分
  3. 毛髪補修成分が特にこだわりがある
  4. 育毛成分キャピキシル配合
  5. 400mlで3,600円
CHECK
保湿・毛髪補修だけでなく育毛成分も含有させたコスパが非常に優れているシャンプーがharu黒髪スカルプ・プロです。

毛髪補修成分にも強いこだわりがあり、ペリセアだけでなくヘマチンや植物オイルでくせ毛対策にはうってつけのシャンプーといえます。

haru黒髪スカルプ・プロの評価
洗浄性
(4.5)
保湿性
(4.5)
毛髪補修
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ボタニカル ベルタシャンプー


ポイント
  1. 品質重視のアミノ酸系シャンプー
  2. 天然由来の保湿成分を豊富に含有
  3. 毛髪補修成分ペリセア配合
  4. 78種類の成分配合数
  5. 220mlで3,490円
CHECK
くせ毛対策だけではなく頭皮や髪に優しいこだわりの成分を使いたいという品質を重視したいという方におすすめなのがボタニカル ベルタシャンプーです。

成分配合数がなんと78種類もあり、添加物も一切使っていないため安全性においても信頼できるシャンプーとなっています。

ボタニカル ベルタシャンプーの評価
洗浄性
(4.5)
保湿性
(5.0)
毛髪補修
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

クイーンズバスルーム


ポイント
  1. 安さに定評のあるアミノ酸系シャンプー
  2. 保水力の高い保湿成分使用
  3. 安全性が高く家族でも使える
  4. 5日間のお試しセットあり
  5. 500mlで2,300円
CHECK
品質やコスパもいいけどまずはお手頃価格でくせ毛対策をしていきたいという安さを重視したい方におすすめなシャンプーがクイーンズバスルームです。

安全性も高く低刺激なので敏感肌や乾燥肌の人でも使いやすいシャンプーとなっています。

クイーンズバスルームの評価
洗浄性
(4.0)
保湿性
(4.5)
毛髪補修
(4.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ラサーナプレミオール


ポイント
  1. 洗浄力が気になるアミノ酸系シャンプー
  2. 4種の植物オイルで保湿をサポート
  3. 7種類のハーブが皮脂・ニオイを抑える
  4. アロマティックフローラルの香り
  5. 375mlで3,456円
CHECK
アミノ酸系に加えて高級アルコール系が含有されているので、ワックスや整髪料を多用する方や皮脂が多い方におすすめなのがラサーナプレミオールです。

植物オイルと保湿成分で頭皮・髪の潤いをキープしながら7種のハーブで皮脂やニオイを抑えてくれるのでくせ毛とニオイが気になる人におすすめです。

ラサーナプレミオールの評価
洗浄性
(3.5)
保湿性
(4.5)
毛髪補修
(4.0)
安全性
(4.0)
総合評価
(4.0)

くせ毛対策向けシャンプー!人気メーカーを簡単比較!

くせ毛対策のための3つのポイントは人気メーカーのシャンプーでも抑えられているのか気になる方もいるでしょう。

人気メーカーといえどシャンプーは種類が多いので、当サイトが調査して評価した13種類のシャンプーを基に簡単に比較をしていきます。

洗浄力 保湿成分 毛髪補修成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
haru黒髪スカルプ・プロ 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
丸 三角
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
丸 三角
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
三角 バツ
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ

ドラッグストアなどの店頭で市販されているシャンプーは人気とは裏腹にくせ毛対策に必要なポイントが抑えられていないのが多いです。

安いから・CMでよくみかけるからといった安易な判断でシャンプーを選ばないようにしましょう。

シャンプーを選ぶ場合はくせ毛対策に必要なポイントが抑えられているか、髪や頭皮に優しい成分であるかどうかをポイントにしてみてください。

迷ったらハーブガーデンがおすすめ!

ハーブガーデンシャンプー
くせ毛といえど色々なタイプがあるし自分にとってどのシャンプーが合っているのかわからないという人も少なくないでしょう。

悩んでシャンプーを決められないという方に、当サイトでは「ハーブガーデン」をおすすめしています。

ハーブガーデンをおすすめしている理由は3つです。

  1. シャンプーとしてのバランスが整っている
  2. くせ毛対策に必要な3つのポイントを抑えている
  3. 安全性が高く無添加で安心

ランキングでも紹介したようにくせ毛対策に必要な3つのポイントを抑え、シャンプーとしてのバランスが整った成分構成なのでまさに悩み解決万能型シャンプーといえるでしょう。

また、無添加なので安全性が高く敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えるシャンプーになっているのもおすすめポイントです。

くせ毛対策にはシャンプーが重要!くせ毛の原因とシャンプーの関係!

正直なところ、生まれつきくせ毛の方というのは髪質が遺伝してしまっているのでシャンプーで改善することはできません。

しかし、後天的にくせ毛になってしまう方は自分に合っているシャンプーを使えているかが今後に影響してきます。

後天的くせ毛の原因

  • 頭皮・髪の乾燥
  • 毛穴のたるみ・ゆがみ

後天的くせ毛の原因は様々ですがシャンプーが関係しているのは以上の2つとなります。

では、それぞれどのような関係があるのかをみていきましょう。

1. 頭皮・髪の乾燥は洗浄力が関係している

頭皮・髪の乾燥がしてしまう原因としてシャンプーの洗浄力の強さが関係しています。

高級アルコールや石けんといった洗浄成分は汚れをきっちり落とす一方で保湿の役割を持つ皮脂を洗い落としすぎてしまうのです。

保湿の役割をする物質がなくなってしまった頭皮は乾燥してしまうため、そこから髪がうねりくせ毛となってしまいます。

そのため洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーがくせ毛対策には必要不可欠なポイントとなるのです。

2. 毛穴のたるみ・ゆがみは乾燥や酸化が関係している!

頭皮が乾燥すると毛穴がたるみ・ゆがみを持ち、髪の毛もくせ毛になりやすくなってしまいます。

また、年齢を重ねる・紫外線などによって細胞が酸化してしまうのも毛穴のたるみやゆがみを生むので保湿によってアンチエイジングをしなければいけません。

まとめるとシャンプーに含まれる保湿成分によって洗い流してしまった皮脂のカバーをして、毛穴のたるみ・ゆがみを抑えてあげることでくせ毛の進行を抑える、ということになります。

くせ毛+髪質でシャンプーを選ぶ!

くせ毛だけでなく自分の髪質によって選ぶシャンプーも変わってくるので、まずは自分の髪質がどのようなタイプなのかを確認してシャンプーを選んでみるのも良いでしょう。

剛毛

くせ毛かつ剛毛
髪一本一本が太く、ごわつきが気になる剛毛タイプの方にぴったりのシャンプーを紹介します。

軟毛

くせ毛かつ軟毛
髪の毛が軟らかい、いわゆる猫っ毛タイプの方はノンシリコンのシャンプーでも良いかもしれません。

縮毛

くせ毛かつ縮毛
縮毛の方はくせっ毛の中でも一番厄介なので、品質重視のシャンプー選びが必要です。

シャンプーの特性からくせ毛にあったシャンプーを選ぶ!

人によってはボタニカル成分にこだわりたい、あるいはノンシリコンが使いたいというシャンプーの特性からくせ毛に合ったシャンプーを決めたいという人もいます。

そのような人は以下の特性別の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ボタニカル

ボタニカル
天然由来の成分をメインにして作られたシャンプーでくせ毛対策をしていきたいという方はこちら

ノンシリコン

ノンシリコン
ノンシリコンは髪の毛本来のボリュームを出しやすい特性を持つので細毛・軟毛の人にもおすすめです。

アミノ酸

アミノ酸
アミノ酸は髪や頭皮を構成するタンパク質の基になるので栄養不足だと感じる方はおすすめです。

シャンプーと一緒に実施したい!くせ毛対策方法!

くせ毛対策のためにはシャンプーを変えるだけではなく他の部分についてもしっかりとケアをしてあげるのが大切です。

ここではシャンプーと一緒にしたいくせ毛対策についての記事を紹介していきます。

くせ毛のワックスの使い方

くせ毛は髪のセットも大変ですが、だからといって大量にワックスを使うのは髪や頭皮の負担になってしまいます。

では、どのようにワックスを使っていけばいいのかについて解説していきましょう。

くせ毛のトリートメントの使い方

くせ毛を直すためにはシャンプーだけではなくトリートメントにも気をつけなくてはいけません。

では、どのようなトリートメント方法が効果的なのかについてみていきましょう。

くせ毛のドライヤーの使い方

濡れた髪をそのまま自然乾燥させるのは髪・頭皮にとって良くない行為です。

この機会に、ただ乾かすのではなく正しいドライヤーの使い方を覚えておくようにしましょう。

くせ毛のブラシの使い方

濡れたままの髪にブラシを使うのはくせ毛を悪化させてしまうNG行為です。

では、いつどのようにブラシを使えばいいのか、正しい使い方を学んでいきましょう。