髪と体をまとめて洗うとどうなる?全身シャンプーの特徴や選び方は?

毎日忙しいと、お風呂の時間すら惜しいと感じることもありますよね。「いっそ全身まとめて洗いたい!」と思ってしまうことも。

ここで髪専用のシャンプーを体に使うとベタつきますが、体と髪をどちらも洗える全身シャンプーを使うとすっきり洗えます。

ただし、どちらもくせ毛などの髪に悩みがある場合はおすすめできません。

そもそもシャンプーで体を洗えるのかと、全身シャンプーの特徴、くせ毛におすすめの選び方などについてご説明しますね。

シャンプーで全身を洗うとどうなる?

汚れはしっかり落ちるため、体を洗うという最低限の目的は達成できます。

シャンプーで全身を洗った場合
  • 洗浄力が強い
  • ベタつきやすい
  • 体の汚れは落ちる

頭は外にさらされスタイリング剤でベタつくことも多く、服で隠れている体に比べて汚れやすいです。

そのためシャンプーはボディソープより、洗浄力が強めに作られます。

体に使うと天然の保湿成分である皮脂を落としすぎ、肌トラブルを招く可能性も。

さらにその洗浄力から髪を守るために、シャンプーにはシリコンや各種オイルが配合されます。体を洗うとベタつきが取れにくく、普段より洗い流すのに時間がかかります。

シャンプーのせいで全身がかゆくなる?

シャンプーで髪を洗っただけなのに、なぜか体がかゆくなることってありますよね。

それはシャンプーをすすぐ時に体に付いて、残ることが原因かもしれません。

残ったまま流しきれないと、体にとっては汚れと同じです。

汚れは肌への刺激となるため、かゆみや乾燥などのトラブルを起こします。

体がかゆい場合の対策方法
  • 髪を洗ってから体を洗う
  • お湯で十分にすすぐ
  • シャンプーの種類を変える

最初に髪を洗っておけば、後で体を洗うときにベタつきをしっかり落とせます。

それでもかゆみを感じる場合、シャンプーそのものが体に合わない可能性が。種類を変えて様子を見ましょう。

全身シャンプーとは

「時短したいけど、シャンプーで洗うのはさすがに嫌!」という場合に、体も髪も洗える全身シャンプーがあります。

全身シャンプーの特徴1:髪はきしみやすい

全身シャンプーは、体に使ってもベタつかないように作られます。

それはつまり髪に保護膜を作るような成分が少なく、きしみやすいということです。

乾燥やくせ毛など髪のトラブルに悩んでいる場合、状態が悪化したと感じる可能性も。

全身シャンプーの特徴2:ドラッグストアで購入できる?品質は?

ドラッグストアでも購入できます。

ただし値段が安いものは保湿力がイマイチなことも。

中には保湿成分が配合されず、ほぼ洗浄成分だけで作られたものもあります。

パッケージの裏面にある成分一覧を見て確認しましょう。

全身シャンプーとくせ毛の関係とは

全身シャンプーには体も洗うという性質があるので、髪だけにこだわったシャンプーに比べるとくせ毛への効果は劣ります。

とはいえ時短もできてスッキリ洗えるため、忙しい時にはとても魅力的ですよね。

そこで、くせ毛の場合どんなものを選べばいいかご説明しますね。

1.洗浄成分はどれを選ぶべき?

くせ毛の場合は、アミノ酸系洗浄成分がおすすめです。

おすすめアミノ酸系洗浄成分(語尾にNa,Kなど)
  • 〜アラニン:低刺激なしっとり系。
  • 〜グルタミン酸:低刺激なさっぱり系。
  • 〜タウリン:さっぱりしてきしみにくい。
  • 〜ベタイン:他の洗浄成分をやわらげることもできる。
  • 〜コラーゲン、シルクなど:高品質な洗浄成分。

石けん系洗浄成分の全身シャンプーもありますが、くせ毛には向きません。

洗浄力が強く乾燥しやすいため、うねりが悪化しやすいからです。

もともとくせ毛はうねっている部分から水分が逃げやすく、乾燥しやすいです。

できるだけ皮脂を奪いにくく乾燥しにくいアミノ酸系を選びましょう。

2.シリコンについて

全身シャンプーは体にも使うという性質上、シリコンがほとんど使われません。

シリコンは一時的に髪の手触りを変えるのが得意です。たとえ洗浄力が強すぎたとしても、きしみにくくサラサラに仕上がります。

ただベタついて流しにくいため、体には使われません。つまり洗浄力が強すぎる全身シャンプーを使うと、髪がきしむというわけです。

きしむと髪がパサパサして広がったり、くせが強く出たりします。

特に剛毛で量が多いくせ毛の場合、さらに広がって見えやすいため注意が必要です。

3.保湿成分が配合されていない場合

シリコンだけでなく、保湿成分やオイル、エキスなどが全く配合されない全身シャンプーもあります。

くせ毛でパサつきや広がりが気になる場合、保湿はとても重要です。

広がりをおさえられますし、ツヤのある髪にしやすいです。

保湿成分が高配合のものを選ぶか、同時にコンディショナーを使ってください。

まとめ:シャンプーで全身を洗うのはあまりオススメできない

普通のシャンプーで体を洗った場合、一応汚れは落とせます。

しかし洗浄力の強さによる肌トラブルが起こったり、ベタついたりするなどのデメリットも。

髪と体を同時に洗いたいなら、全身シャンプーを使うのが良いでしょう。

ただしこれを使うと、髪がキシキシしやすいという欠点があります。

くせ毛など髪トラブルに悩んでいるなら、できれば髪のことだけを考えて作られた普通のシャンプーをオススメします。