このシャンプーは良い?悪い?3つの成分から見分ける方法をご紹介!

シャンプーのパッケージを裏返してみると、成分の一覧表が書いてあります。

「成分の名前ばっかりで、結局何なのか分からない!」という人が大多数ですよね。

実はここを読めるようになると、自分に合ったシャンプーかパッと分かるようになります。

値段や外見、宣伝にだまされず本当に良いものを選べるようになりますよ。

今回はシャンプーを作っている成分の中で、特に注目したい成分3つについてご紹介します。

シャンプーの成分1:界面活性剤

界面活性剤とは髪の汚れを落とすために配合される、シャンプーで最も重要な成分です。

使われる界面活性剤によって、次のように分けられます。

シャンプーの種類 洗浄力 値段 くせ毛へのオススメ度
高級アルコールシャンプー バツ
強すぎる
二重丸
安い
バツ
石けんシャンプー バツ
強すぎる
丸
安い〜普通
バツ
アミノ酸シャンプー 二重丸
優しい
三角
やや高め
二重丸

それぞれ詳しくご説明しますね。

1.高級アルコールシャンプー

メリット
  • 汚れをしっかり落とせる
  • 値段が安い
  • 泡立ちやすい
デメリット
  • 皮脂が奪われすぎて、乾燥しやすい
  • 頭皮環境が悪化する可能性も

スーパーやドラッグストアなど激安で売られているシャンプーは、高級アルコールシャンプーが多いです。

天然の保湿成分である皮脂を奪いすぎるため、頭皮や髪が乾燥しやすいです。結果的に、くせ毛やフケなどのトラブルにつながることも。

高級アルコールシャンプーの成分
  • ラウリル硫酸Na:非常に洗浄力が強く、皮脂を根こそぎ奪う。
  • ラウレス硫酸Na:ラウリル硫酸Naより安全性はアップ。洗浄力は最強クラス。
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na:上記2つの代わりに使われることが多い。植物由来だが洗浄力はかなり強い。

最も危険な界面活性剤はラウリル硫酸Naです。頭皮の刺激になるので、成分一覧で見かけたら避けましょう。

2.石けんシャンプー

メリット
  • 体の汚れを落とすのが得意
  • アレルギーが起こりづらい
デメリット
  • 皮脂を奪う力が強く、乾燥しやすい
  • 髪がきしみやすい

アルカリ性の石けんシャンプーを使う場合は、酸性リンスで中和させる必要があります。

中和させないと、髪がキシキシになるので注意が必要です。

石けんシャンプーの成分
  • 脂肪酸Na
  • 脂肪酸K
  • 石けん素
  • 【ラウリン酸、ミリスチン酸】+【水酸化K、水酸化Na】など

どれも低刺激なので、他のシャンプーでアレルギーになる人にはオススメです。

皮脂を奪う力は高級アルコールシャンプーと同じくらい高いので、乾燥やくせ毛など髪トラブルに悩む人には向きません

3.アミノ酸シャンプー

メリット
  • 洗浄力が優しい
  • 皮脂を奪いすぎない
デメリット
  • 少し値段が高め
  • 汚れがひどいと落としづらい

他のシャンプーに比べると高価になりがち。その分、髪や頭皮を優しく洗えます。

洗浄力が弱めとはいえ、汚れやスタイリング剤がひどい場合でなければ十分キレイに洗えます。

アミノ酸シャンプーの成分(語尾にNa,K,TEA,MEA,DEAなど)
  • 〜アラニン:低刺激なしっとり系。
  • 〜グルタミン酸:低刺激なさっぱり系。
  • 〜タウリン:さっぱりしてきしみにくい。
  • 〜ベタイン:他の洗浄成分をやわらげることもできる。
  • 〜コラーゲン、シルク(PPT):高品質な洗浄成分。
  • 〜サルコシン:アミノ酸洗浄成分の中では洗浄力が高め。

サルコシン系だけは洗浄力が強いので、乾燥やくせ毛などで悩んでいる場合には注意してください。

くせ毛におすすめの界面活性剤とは

洗浄成分がマイルドなアミノ酸シャンプーがおすすめです。

アミノ酸シャンプーがオススメの理由
  • 頭皮や髪からうるおいを逃がさない
  • くせ毛の予防にもなる

くせ毛はうねっている部分から水分が逃げやすく、直毛に比べて乾燥しやすいです。

強すぎる洗浄成分のシャンプーを使うと、乾燥が進行してくせがひどくなる可能性も。

それだけでなく、洗浄成分のせいで頭皮環境が悪化するとターンオーバーが乱れ、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。

汚れが詰まって歪んだ毛穴からはくせ毛が生えます。

このようなくせ毛の原因を作らないためにも、洗浄力が低めのアミノ酸シャンプーを使うと良いでしょう。

シャンプーの成分2:髪を保護する成分

洗浄成分だけだと、髪は必ずきしみます。そのため手触りを良くしたり、髪を保護したりする成分が必要です。

最もよく知られている成分はシリコンです。

シリコンはオイルの一種なのですが化学的に作られるため、髪に良くないという印象を持たれがち。

そこでノンシリコンシャンプーが登場しました。シリコンの代わりにポリクオタニウム-10などの界面活性剤や天然由来オイル、エキスなどが使われます。

シリコンの特徴
  • しっとり重ための質感になりやすい
  • ツヤ・サラサラ感を出しやすい
  • きしみにくいが一時的な効果
  • 高すぎる洗浄力をごまかすのに使われることも
ノンシリコンの特徴
  • 軽めに仕上がる
  • オイルやエキスの効果を取り入れられる
  • きしみやすい
  • 高価になりがち

剛毛のくせ毛で悩んでいる場合は、ノンシリコンで天然由来オイルを多く使ったシャンプーがおすすめです。

普通〜軟毛なら、好みで選んでOKです。

シャンプーの成分3:添加物

添加物は細菌やカビの繁殖防止や、品質を保つために使われます。

しかし配合される種類や量によっては、頭皮への刺激となる可能性も。

注意したい添加物
  • パラベン:防腐効果
  • 合成着色料:色をつける
  • 合成香料:香りをつける
  • EDTA-2Na:酸化や変色を防止
  • メチルイソチアゾリノン:殺菌成分

頭皮が弱くて荒れやすいなら、こういった添加物に注意しましょう。

まとめ:シャンプーを選ぶときは成分に要注意!

シャンプーで見るべきポイントは、界面活性剤と髪を保護する成分、添加物の3つです。

シャンプーを見分けるポイント
  • 界面活性剤:アミノ酸シャンプーがおすすめ。特に注意が必要!
  • 髪を保護する成分:重たい方が好きならシリコン、軽めが好きならノンシリコン。
  • 添加物:頭皮が弱いなら添加物フリー。

これらを考えてシャンプーを購入すると、値段が高めになりやすいです。

逆にあまりにも安いシャンプーは、成分が悪いのかもしれません。ぜひ、パッケージの裏にある成分表をチェックしてみてくださいね。