シャンプーの種類ってどう違うの?くせ毛改善にどんな効果がある?

シャンプーにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が違います。

例えばアミノ酸シャンプーやオーガニックシャンプーなど、カタカナで分かりづらい名前が付いていることも多いです。

「なんとなく髪に良さそうかも?」とは思っても、正直どう違ってどれが自分に合うのかなんてほとんどの人が分からないもの。

今回はシャンプーの種類がどう違うのか、特徴やくせ毛への効果について分かりやすくご説明しますね。

シャンプーの種類:界面活性剤による違い

シャンプーには洗浄成分として、界面活性剤が使われます。

使われる界面活性剤の違いによって3つの種類に分かれます。

界面活性剤によるシャンプーの種類
  1. アミノ酸シャンプー
  2. 石けんシャンプー
  3. 高級アルコールシャンプー

それぞれの違いや、くせ毛への効果についてご説明しましょう。

1.アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が他に比べて優しいシャンプーです。

天然の保湿成分である皮脂を、落としすぎずに洗えます。

そのため、髪や頭皮が乾燥しにくいです。

アミノ酸シャンプーの界面活性剤(語尾にNa,K,TEA,MEA,DEAなど)
  • 〜アラニン
  • 〜グルタミン酸
  • 〜タウリン
  • 〜ベタイン
  • 〜コラーゲン、シルクなどのPPT
  • 〜サルコシン

この中でサルコシン系だけは、高級アルコールシャンプーに近い洗浄力があります。

優しい洗浄力を求めるなら、避けた方が良いでしょう。

くせ毛への効果

3つの中で最もくせ毛におすすめです。

くせ毛はもともとうねっている部分から水分が逃げやすく、乾燥しやすいです。

乾燥すると髪がパサついたり広がったりするため、くせ毛の悩みが悪化します。

アミノ酸シャンプーの場合は洗浄力が優しいため、乾燥を防ぎながら洗えます。

つまり最もくせ毛が悪化しにくいシャンプーと言えるのです。

2.石けんシャンプー

石けんシャンプーは洗浄力は高めですが、アレルギーが起こりにくいシャンプーです。

皮脂を落とす力がとても強く、スッキリ洗えます。

その分、髪や頭皮が乾燥しやすいのがデメリットですね。

アルカリ性の石けんシャンプーを使った後は、酸性のリンスで中和します。そうしないと、髪がゴワゴワになります。

石けんシャンプーの界面活性剤
  • 脂肪酸Na
  • 脂肪酸K
  • 石けん素
  • 【ラウリン酸、ミリスチン酸】+【水酸化K、水酸化Na】など

くせ毛への効果

アレルギーでもない限り、くせ毛にはあまりおすすめできません。

石けんは体についた汚れを落とす力がとても強いため、皮脂を落としすぎます。そのため髪や頭皮の乾燥をまねく可能性が。

頭皮が乾燥すると、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーが乱れると角質が毛穴に詰まりやすくなります。

角質が詰まった毛穴は円形から歪んだ形に。そこから生える髪の毛はくせ毛になるので要注意です。

3.高級アルコールシャンプー

高級アルコールシャンプーは洗浄力がとても強く、比較的ドラッグストアなどで安く売られることが多いシャンプーです。

泡立ちやすくしっかり汚れを落とせますが、その分皮脂も奪われます。

髪や頭皮が乾燥しやすく、トラブルを起こしやすい傾向があります。

高級アルコールシャンプーの界面活性剤
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

くせ毛への効果

とても洗浄力が強いため、くせ毛にはおすすめできません。

くせ毛が広がりやすくなったり、乾燥して髪内部からタンパク質や水分が流出したりする原因になります。

特にラウリル硫酸ナトリウムは、頭皮への刺激が強いです。

頭皮が刺激を受けるとターンオーバーの乱れにつながり、毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると形が歪んでくせ毛が生えるため、うねりがさらに悪化する可能性もあります。

シャンプーの種類:その他エキスやオイルによる違い

シャンプーは界面活性剤以外にも、エキスやオイルなどさまざまな成分が使われます。

それぞれ種類ごとに分けて、くせ毛への効果についてもご説明します。

1.ボタニカルシャンプー

天然由来の洗浄成分やオイル、エキスが配合されたものです。

どのくらいの量が配合されているかはメーカーごとに違います。

基本的には保湿効果が高いものが多く、くせ毛をしっとり落ち着かせてくれます。

エキスやオイルなど成分によりますが、それ以外にも良い効果があることも。

2.オーガニックシャンプー

農薬や化学肥料を使わずに植物を育てることを、オーガニックと言います。

シャンプーの場合、オーガニックの植物エキスやオイルが配合されます。

皮膚がデリケートな場合、ちょっとした刺激で頭皮が荒れる可能性も。

他の種類に比べると低刺激なことが多いため、肌がデリケート人はオーガニックの方が安心して使えます。

3.無添加シャンプー

防腐剤や鉱物油、合成着色料などの添加物を使わないものです。

一部の添加物だけ不使用という場合でも、無添加シャンプーと呼ぶことはできます。

頭皮への刺激が少ないため、くせ毛の悪化対策になります。

4.ノンシリコンシャンプー

シリコンを使わないシャンプーのことです。

シリコンには髪を保護して手触りを良くする効果が。これを使わないノンシリコンの場合、植物オイルなどを代用します。

比較的、軽めの仕上がりになりやすいです。

使われているオイルの種類によっては、次に紹介するオイルシャンプーのような効果が期待できます。

5.オイルシャンプー

天然由来のオイルを使ったものです。植物オイルや馬油などが配合されます。

オイルは汚れを浮かして落とすはたらきがあるため、洗浄力がアップします。

保湿効果が高いので、乾燥しがちなくせ毛をうるおしてくれます。

オイルの種類によっては硬い髪の毛をやわらかくできるので、特に剛毛のくせ毛に悩んでいる場合にはおすすめです。

6.クレンジングシャンプー

炭酸や泥、オイルなどで頭皮をしっかり洗浄し、油汚れを落とすためのものです。

基本的には界面活性剤自体も強力なものが多く、乾燥が気になるときは注意が必要。

とはいえしっかり頭皮を洗うことは、くせ毛の予防になります。

頭皮をさっぱりさせたいときに時々使うのが良さそうです。

7.スカルプシャンプー

頭皮環境の改善ができるシャンプーです。

抜け毛やフケなどは頭皮の環境が悪いと増加します。

頭皮環境が悪化するとくせ毛につながるので、もし抜け毛やフケなどが気になるなら使ってみては。

8.エイジングケアシャンプー

年齢に応じたケアができるものです。

抜け毛予防から抗炎症効果、ハリコシアップなどさまざまな効果を指します。

とても定義が広い言葉なので、具体的にどんな効果があるのか要注意です。

くせ毛の場合は抗炎症効果を取り入れてターンオーバーを改善し、毛穴が詰まらないようにするのがおすすめです。

まとめ:まず選びたい種類はアミノ酸シャンプー

シャンプーの種類で最も注意したいのは、界面活性剤による違いです。

界面活性剤はいわば、シャンプーの土台のようなもの。ここの選び方を間違えると、くせ毛などの髪悩みは解決できません。

髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを選び、乾燥を防ぎましょう。

その他エキスやオイルの違いは、好みや髪質、症状などに合わせて選んでくださいね。