くせ毛が目立ちにくくなる!ワックスの付け方やおすすめの種類とは!

ワックスを使うとくせ毛が目立ちにくくなるのはご存知ですか?

乾燥してパサつきやすいくせ毛は、束感やツヤを出せるワックスとの相性が良いんです。

とはいえ付け方を間違えるとベタついて見えたり、野暮ったくなったりします。

今回はワックスの効果や付け方、おすすめの種類についてご説明します。

なぜくせ毛にワックスを使うと良いのか

次のような効果が期待できます。

くせ毛にワックスを使うとできること
  • 束感を作れる。
  • パサついた感じがなくなる。
  • ツヤ出しもできる。
  • 軽いくせ毛を目立たなくできる。

ワックスを使うと束感が出るため、まとまりのある髪型に見えます。

広がりやすくパサついて見えやすいくせ毛を、落ち着いてしっとり見せやすいのです。

上手に使えば、パーマのように見せることもできます。ツヤ出しが得意なものを使うと、濡れ感を出すことも可能です。

特にロングヘアの女性だと、パサつきや広がりのせいで軽いくせ毛に見えることがあります。

そういうときは、ワックスをつけるだけでうねりが気にならなくなることもあります。

くせ毛にワックスをつける方法

実際、どのようにつければ良いのでしょうか。

手順や注意する点など、付け方についてご説明します。

つける前に行うこと

ワックスはくせ毛を目立たなくしますが、うねり自体を消すものではありません。

うねりが強い場合は、先にヘアアイロンやブローで整えておきましょう。

1.ショート

ワックスを人差し指で取ります。量は、指の第一関節より少ないくらいがおすすめ。

欲張って取りすぎると、べたべたな髪になります。足りなかったら、その都度足すようにしましょう。

取ったワックスを手のひらになじませ、指の間にも伸ばします。

ここでムラができるとうまくいかない原因になるので、注意しましょう。

伸ばせたら、次の順番で髪につけていきます。

ショートのワックスをつける順番
  1. 襟足:根元にはつけないでください。
  2. 襟足以外の毛先:束感を出していきましょう。
  3. トップなど髪の表面:手でくしゃっと握ってふんわり持ち上げ、ボリュームを出します。
  4. 前髪の毛先:残ったワックスをなるべく先の方だけにつけます。

気に入らないところがあったら、ワックスを少しだけ追加して微調整してください。

2.ミディアム〜ロング

ワックスの量は、人差し指の第一関節ぐらいまで取りましょう。

手のひらに薄く伸ばし、指の間まで塗り込みます。

ミディアム〜ロングのワックスをつける順番
  1. サイド:毛先〜中間に、ワックスをざっくり揉み込むようにつけます。外側からだけでなく、内側からもつけます。
  2. 頭の後ろ:同様に、毛先〜中間へつけます。ワックスが足りなかったら追加してくださいね。
  3. トップ:抑えるようにつけるとペタッとするので、持ち上げるようにふんわりとつけましょう。
  4. 前髪:毛先にちょっと付けるだけで十分です。つけすぎるとうまくいきません。

ミディアムより長い場合、中間より根元側につける必要はありません。

毛先側につけるだけでうまくいきますよ。

どんな種類のワックスを選ぶべき?おすすめは?

クリームやムース、パウダーなど多くの種類があるので迷いますよね。

ほしい効果や髪質によって、おすすめのワックスが違います。

どの種類を使うと良いのか、ご説明しますね。

1.効果別のおすすめワックス

効果別のワックスのおすすめ
  • くせを生かしたヘアスタイルになりたい:クリームタイプ、ムースタイプ
  • ツヤ感を出したい:ジェルタイプ
  • まとまりがほしい:ミルクタイプ

ムースタイプはパーマを出したいときに使います。ストレートヘアを目指しているときには不適切ですが、逆にくせ毛を生かしたヘアスタイルを作るのは得意です。

ツヤや濡れ感を出したいときはジェルタイプがおすすめ。ウェットで今風なヘアスタイルを作れます。

乾燥して広がってうねりがひどく見えるなら、ミルクタイプでツヤ感とまとまりを出しましょう。

パサついた髪がまとまるだけで、くせ毛が気にならなくなることもありますよ。

2.髪質別のおすすめワックス

髪質別のワックスのおすすめ
  • 剛毛で広がりやすい:ファイバータイプ 、ジェルタイプ
  • 軟毛でペタッとなりやすい:ドライタイプ、パウダータイプ

剛毛でブワッと広がる髪は、油分が多くて重たいワックスがおすすめ。

ツヤ感を出したいなら、キープ力が高いジェルタイプを使うのも良いでしょう。

しかし軟毛で細い髪にこうしたものを使うと、重すぎて髪が負けてしまいます。

軟毛なら油分が少ないドライタイプか、粉状のパウダータイプが向いています。

ふんわり感を出しやすく、ペタンとなりがちな髪をボリュームアップできますよ。

まとめ:ワックスをうまく使えばくせ毛の味方になる!

くせ毛だと髪がパサついて広がりやすいです。それが原因で、うねりが悪化していることも。

ワックスでツヤ感やまとまりを出すことで、うまくスタイリングできます。

ワックスを付ける時の5つのポイント
  1. 髪質やほしい効果に合わせたワックスを使う。
  2. 指で取るとき1回で取りすぎない。
  3. 手のひら全体になじませて使う。
  4. 毛先につけて根元にはつけない。
  5. 前髪にべったりつけない。

うまく使えば、くせ毛を生かしたパーマ風の髪型も自由自在です。ぜひ試してみてくださいね。