シャンプーの正しいやり方をご紹介!くせ毛を改善するポイントとは?

多くの人が毎日シャンプーしますよね。とはいえ、実は正しいやり方でできている人はとても少ないんです。

正しいやり方といっても、ちょっとしたことを変えるだけ。とても簡単です。

これを知っておくだけで頭皮環境を整えて髪トラブルを軽減したり、くせ毛を扱いやすくしたりできます。パサつく髪にツヤが出てくることも。

今回はシャンプーの正しいやり方と、くせ毛を改善するためのポイントについてご説明しますね。

シャンプーのやり方1:髪をほぐす

お風呂に入る前にブラッシングして、髪をほぐしましょう。

絡まりをほどいてシャンプーをすみずみまで届けやすくするためです。

くせ毛を改善するポイント
  • 必ず目が大きいブラシを使う
  • 手ぐしでも良い

くせ毛の場合、目の細かいブラシを使うと絡まりやすいです。

できるだけ目が大きいくしやスケルトンブラシを使うか、それも難しいなら手ぐしでも良いです。

シャンプーのやり方2:お湯で洗う

髪と地肌を、90〜120秒ぐらいかけてお湯で洗いましょう。

これだけでも、ホコリなどの汚れはかなり落とせます。

温度の目安はぬるめの38℃ぐらいです。

くせ毛を改善するポイント
  • 熱すぎるお湯を使わない
  • 濡らすだけでなく洗う

熱すぎるお湯を使うと頭皮が乾燥するため、皮脂が過剰分泌される可能性が。

皮脂が毛穴に詰まると形が歪み、生えてくる髪がうねるので要注意です。

お湯でさっと濡らして終わる人も多いですが、時間をかけてしっかり洗ってくださいね。

シャンプーのやり方3:シャンプーで洗う

濡れた手にシャンプーをとって、泡立てましょう。

泡を頭につけたら、指で頭皮をマッサージするように洗います。

シャンプーの泡が、髪ではなく頭皮全体に行きわたることが重要です。

1回で泡立たず頭皮をうまく洗えない場合は、2回洗いましょう。

くせ毛を改善するポイント
  • シャンプーは泡立てて使う
  • ショートなら1プッシュ、ミディアム〜ロングで2プッシュが目安

シャンプーは泡だてて使うものです。泡立てずにそのままつけると刺激が強すぎるため、頭皮環境が悪化します。

頭皮環境が悪化するとターンオーバーが乱れ、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。

くせ毛にとって毛穴の詰まりは大敵。ぜひ泡立てて使ってください。

シャンプーを必要以上に足しすぎると、落としきれず刺激を増やす原因に。何プッシュも使うのはやめておきましょう。

シャンプーのやり方4:お湯ですすぐ

洗うのと同じくらい重要なのがすすぎです。

さっと泡を落として終わりにしがちですが、ここも時間をかけるべきポイント。

じっくり180秒程度を目安にすすいでください。

くせ毛を改善するポイント
  • 頭皮に薬剤を残さない

残ったシャンプーは、汚れとなって頭皮を刺激します。

ちょっと時間をかけすぎかなと感じるくらい、しっかり落とすのがポイントです。

シャンプーのやり方5:トリートメントをする

シャンプーが終わったらトリートメントやコンディショナーで保湿しましょう。

さらに効果の高いヘアマスクもありますが、こちらは週に2〜3回のスペシャルケアとして使ってください。

ただしシャンプーの時以上に、頭皮に残ると刺激が強いです。

つける部分は基本的に毛先だけ、長い場合は真ん中より下だけで十分です。

くせ毛を改善するポイント
  • 毎日トリートメントやコンディショナーをする
  • 頭皮には絶対つけない

トリートメントやコンディショナーを使うことで、髪の保湿ができます。

しっとり保湿できれば広がりにくくなりますよ。

頭皮につくとかなり刺激が強いので、つけないようにしましょう。もしついてしまったら、十分にすすいでください。

シャンプーのやり方6:ドライヤーで乾かす

まずタオルを使って水気を切ります。髪を包んで、優しくぽんぽんたたくようにします。

タオルで髪を強くこすりつけると、ダメージヘアになりやすいので注意しましょう。

タオルドライが終わったら、洗い流さないトリートメントを毛先につけます。

その後ドライヤーで、頭皮を中心に乾かします。

毛先には直接温風を当てず、余熱で乾かすと熱ダメージを最小限に抑えられます。

くせ毛を改善するポイント
  • 濡れたままにせずドライヤーで乾かす
  • 洗い流さないトリートメントをつける
  • 15cm以上ドライヤーを離す
濡れたまま放置すると雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化します。

頭皮環境が悪くなるとターンオーバーが乱れ、汚れが増えます。その汚れが毛穴が詰まると、うねりが出るので注意しましょう。

洗い流さないトリートメントは、髪をドライヤーの熱から守る効果があります。髪が熱で痛むと広がりやすくなるので、トリートメントで守ってくださいね。

ドライヤーを近づけすぎると熱くなりすぎて危険です。15cm〜20cm離して使ってください。

まとめ:シャンプーの正しいやり方でツヤ髪を手に入れよう!

シャンプーの正しいやり方を覚えると頭皮環境が整い、髪が乾燥しにくくなります。

頭皮環境が改善して保湿が十分にできるとツヤ髪に近づきますよ。

くせ毛で悩んでいる場合は特に、正しいやり方を守るのがおすすめです。髪が乾燥しにくくなるので、広がりやパサつき感が抑えられます。

後天的なくせ毛の場合、毛穴の詰まりが取れると髪質が元に戻ることも。

やり方と言っても、どれもちょっとしたことばかり。簡単なのでぜひ試してみてください。